セキュリティソフトサービス(カスペルスキー5台版)のWindows10対応について

平素は弊社サービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
セキュリティソフトサービス(カスペルスキー 5台版)につきまして、7月29日から提供が開始される予定のWindows10への対応についてご案内させていただきます。

セキュリティソフトサービス(カスペルスキー 5台版)のソフトウェア(以下、「本ソフトウェア」といいます)はWindows10に対応しておりますが、ご使用に関しては、以下の点にご注意ください。

■ お使いのパソコンをWindows10へバージョンアップする前に、本ソフトウェアが最新のバージョンであるかご確認の上、バージョンアップを行ってください。7月1日時点の最新バージョン「15.0.1.xxx(b)」、または現在配信中の「15.0.1.xxx(c)」が適用されている場合は、Windows10にバージョンアップされてもそのままご利用いただけます。
※最新のバージョンになっていないままWindows10にバージョンアップした場合、本ソフトウェアが無効化されてしまいます。

・バージョン及びパッチの確認方法は、本ソフトウェアのソフトを起動していただき、メイン画面の右上にある「KASPERSKY」と英語で書かれたロゴをクリックすると表示されます。

  ● 最新のバージョンになっていなかった場合
   ① バージョン情報の最初の数字2桁が「14.0.0.xxx」か「15.0.1xxx」となっている場合
     本ソフトウェアが最新のバージョンになっていないので、最新版をダウンロードする必要があり
     ます。お申込み頂いた際にメールでお送りいたしました、【本申込完了のご案内】に記載の製品
     ダウンロードURLからインストーラをダウンロードし、インストールしていただく必要があります。
   ②バージョン情報が「15.0.2xxx(a)」となっている場合
     本ソフトウェアに最新パッチ(c)が適用されていません。インターネットに接続されていれば自動で
     パッチ(c)が適用されますが、本ソフトウェアのソフトを起動していただき、メイン画面から
     「アップデート」を選択することで手動のアップデートができます。


■ Windows10の新しい標準ブラウザ「Edge」は2016年版からの対応予定です。それまでは既存のブラウザ「Internet Explorer」や「Firefox」、「Google Chrome」などをご利用ください。

■ Windows7からWindows10へバージョンアップした場合、本ソフトウェアの再インストールが必要になり
  ます。アップデート完了直後、本ソフトウェアのポップアップ表示に従って再インストールを行ってくだ
  さい。再インストール後Windows Defenderが有効になっているので手動でオフにしてください。
  詳しくは下記Windows10対応説明資料の8ページをご覧ください。

■ Windows8/8.1からWindows10へバージョンアップした場合、自動で本ソフトウェアの再インストールが
  バックグラウンドで行われます。詳しくは下記Windows10対応説明資料の11ページをご覧ください。


その他、詳しい内容は以下の資料をご覧ください。
Windows10対応説明資料
機能一覧

ページ先頭へ戻る