セキュリティソフトサービス アップグレードのお知らせ

 弊社で提供しているセキュリティソフトサービスでご利用いただいておりますF-Secure社のソフトウェアがバージョンアップし、Windows8に正式対応いたしました。

当ソフトウェアをインストールしているパソコンは6月12日(水)以降、自動的に新しいバージョンへのアップグレードを促す画面が表示されます。
 アップグレードの手順については以下のURLをご覧ください。
  http://www.mable.jp/11042.html
 
 今後、新規で弊社のセキュリティソフトサービスご利用になる場合は全て新しいバージョンでインストールされます。

<主な変更点>
  * Windows8 (32ビット・64ビット環境)に対応しました(但し、RT版には対応しておりません)
  * Google Chrome, IPv6 をサポート
  * インターフェースが若干変更されました
  *3台分を利用中に パソコンの買い替えなどで再度インストールした場合、弊社にご連絡いただく必要がなくなりました

 ※ 新しいバージョン は、WindowsXPのSP2には対応しておりません。WindowsXPを
   お使いの場合、SP3にてご利用いただきますようお願いいたします。

【重要】

新しいバージョンのソフトウェアにつきまして、一部のパソコンではWindowsXP(SP3)、Vista(SP2)への
インストールが完了しない という現象が確認されました。

対象OS:WindowsXP(SP3)、Windows Vista(SP2)

新しいバージョン(Ver.12) では、下記がパソコンにインストールされていることが必要です。
・Microsoft Visual C 2008 Redistributable 以上
・Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 以上

Windows Updateを実行して、Microsoft Visual C Redistributable、
最新バージョンのNet. Frameworkをアップデートしてください。
または、手動でMicrosoft Visual C Redistributable、最新バージョンの
Net. Frameworkをインストールする場合は、下記のURLからダウンロード
できます。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5582
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=22

ページ先頭へ戻る