加入および各種手続きについて

Q1 ケーブルテレビのメリットはなんですか?

A1

アンテナの代わりにケーブル(電線)で電波をお届けいたしますので、山やビルの陰など、電波の受信環境が悪い地域でも安定した受信が可能です。
また、テレビ朝日系やテレビ東京系など県外のチャンネルや、弊社作成の自主チャンネルをご視聴いただくことができます。
さらに、高速安価なインターネットのサービスもご利用いただけます。 

Q2 集合住宅や借家でも加入できますか?

A2

すでにケーブルテレビ導入済みの物件もありますが、まだ導入していない場合は個別加入となります。
立地条件や高層階の場合などは工事が困難な場合があります。
また、建物の管理組合や管理会社、オーナーの承諾が必要です。
詳しくは弊社営業までお問い合わせ下さい。

Q3 他のケーブルテレビ局に加入していたら、マーブル加入時の料金が割安になりますか?

A3

加入者相互受け入れ制度により、加入金が免除されます。
(社)日本ケーブルテレビ連盟に加盟しているケーブルテレビ局の間で利用できる制度です。
詳しくは弊社営業までお問い合わせ下さい。

Q4 NHKの受信料はどうなりますか?

A4

ケーブルテレビの基本利用料に、NHKの受信料は含まれておりません。
お客様とNHKとの直接契約となります。
ただしご希望の場合はNHK衛星受信料が割引きになる「団体一括支払い」をご利用いただけます。

Q5 全てのテレビにSTBを設置しないといけませんか?

A5

基本チャンネルのみであればSTBを設置する必要はありません。

Q6 テレビは何台まで繋げられますか?

A6

制限はありません。
ただし接続箇所(テレビを視聴できるようにしてある箇所)が多い場合は、それぞれの電波が弱くなり受信障害の原因となるため、ケーブルテレビ対応ブースターを取り付ける必要があります。

Q7 宅内のテレビ配線設備(壁の中や天井裏など)は、交換が必要ですか?

A7

テレビ配線設備の交換は基本的に不要ですが、老朽化や劣化がみられる場合には、改修をお勧めしております。
(STB、マーブルネット、告知端末(おしらせ君)をご利用の際には、ケーブルテレビ対応ブースターに交換が必要な場合があります。

Q8 新たにテレビの視聴個所を増やす事はできますか?

A8

可能です。
ただしテレビを視聴できる箇所が多い場合は、電波が弱くなり受信障害の原因となるため、ケーブルテレビ対応ブースターを取り付ける必要があります。

ページ先頭へ戻る