Office Outlook 2010の設定方法

 WindowsのパソコンにMicrosoft Officeがインストールされている場合はメールソフトとしてOffice Outlookが利用できます。

Outlookは発売時期によりバージョンが異なりますがここではOutlook2010の初期設定についてご説明します。

自動アカウント セットアップ

 初めて起動した際には設定のウィザードが起動し、自動アカウント セットアップが始まります。

setupwizard1

 「名前(Y)」「電子メールアドレス(E)」「パスワード(P)」「パスワードの確認入力(T)」をします。「名前(Y)」はメールを送った相手先に表 示 されるメールの送り主の名前です。漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベッドいずれでもかまいませ ん。

 「電子メールアドレス(E)」「パスワード(P)」は設定書に記載されているものを入力して下さい。「パスワードの確認入力(T)」はパスワードの入力 間 違い確認のためのものです。「パスワード(P)」と同じパスワードを入力して下さい。

 正しく入力されていればOutlook2010は自動的に設定を完了します。

手動設定

 うまくいかない時には「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)」を選択し「次へ(N)」を クリックしま す。 setupwizard2

 サービスの選択になるので「インターネット電子メール(I)」が選択された状態で「次へ(N)」をクリックします。
setupwizard3


setupwizard4

 「名前(Y)」「電子メールアドレス(E)」「受信メールサーバー(T)」「送信メールサーバー(SMTP)」「パスワード(P)」をします。

 「名前(Y)」はメールを送った相手先に表示されるメールの送り主の名前です。漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベッドいずれでもかまいません。

 「電子メールアドレス(E)」「パスワード(P)」は設定書に記載されているものを入力して下さい。

 「アカウント名(U)」は電子メールアドレスの@から前の部分が自動的に補完されます。

上記のデータ入力後「[次へ]ボタンをクリックしたらアカウント設定のテストする」のチェックを外します。

 初めて Outlook 2010 を起動した場合、新しいメッセージの配信先 は 「既存のOutlook データ ファイル(X)」 ではなく、「新しい Outlook データ ファイル(W)」 を選択してください。

 入力が完了したらアカウント設定をテストする(T)のボタンをクリックしてテストをします。テストが全て成功になれば「閉じる」でテストのウィンドウを 閉 じます。

setupwizard5

 セットアップの完了の画面が出たら「完了」のボタンをクリックして設定が終了します。

左上のメニューからファイルをクリックし、サブメニューの情報をクリック、アカウント設定のボタンをクリックします。
残す設定素材1

アカウント設定のウィンドウが開きます。見出しタブの一番左「電子メール」が選択されている状態で設定変更するアカウントをクリッ クして選択 した状態にし、変更(A)をクリックします。
残す設定素材2

アカウント変更のウィンドウが開きます。右下の詳細設定(M)のボタンをクリックします。
残す設定素材2

インターネット電子メール設定のウィンドウが開きます。見出しタブの中の「詳細設定」をクリックします。

残す設定素材2

「配信」の項目の「サーバーにメッセージのコピーを置く(L)」のチェックを外し、下の「OK」をクリックします。
残す設定素材2

「アカウントの変更」に戻るので次へをクリックし完了画面に進みます。
残す設定素材2

完了をクリックします。

ページ先頭へ戻る