ご利用方法

マーブルフォンの接続方法、電話のかけ方、モデムの前面ランプの説明など
ご利用方法
■配線パターン
配線には大きく分けて次の2つのパターンがあります。お客様のご自宅の環境に適した配線方法を選択してください。
●IP電話専用の電話機を用意してご利用されるパターン
   (この場合現在ご利用の電話は配線を変更することなくご利用いただけます)
配線パターン
●現在ご利用の一つの電話機でIP電話も一般NTT加入電話をご利用されるパターン。
配線パターン

1.配線方法
配線方法
モデムの配置について
ケーブルモデムはマーブル指定の工事業者が直接お客様宅にお伺いして設置・調整します。また、既にマーブルネットへご加入のお客様でケーブルモデムがIP電話対応のものでない場合もIP電話対応のケーブルモデムに交換にお伺いします。お客様によるモデムの設置・交換はできませんのでご了承ください。
電話機の接続について
電話機をケーブルモデムの「PHONE」の差込み口に接続します。
電話モジュラージャックとの接続について
一台の電話機でIP電話と一般NTT加入電話をご利用される場合、ケーブルモデムの「LINE」の差込み口と電話モジュラージャックを電話線で接続します。但し、一般NTT加入電話とは別にIP電話専用の電話機をご利用される場合は、電話モジュラージャックとの接続は必要ございません。
パソコンの接続について
パソコンをケーブルモデムの「ETHERNET」の差込み口にLANケーブルで接続します。

2.電話のかけ方
 
IP電話サービスを利用して発信する場合
1.
モデムの前面ランプ「VoIP」が緑点灯していることを確認して下さい。
※オレンジ色に点滅している場合は、NTT回線経由の発信となります。赤点灯(または赤点滅)している場合にはIP電話サービスを利用できません。マーブルまでお問い合わせ下さい。
2.
受話器を取ります。
 1)発信音が「ブッブッブッ・・・」と聞こえます。
 2)モデムの「VoIP」ランプが緑点滅になります。 
3.
相手先電話番号をダイヤルします。
<IP電話へダイヤルする場合>
相手先電話番号をダイヤルします
例)050-××××-××××

<一般電話へダイヤルする場合>
相手先電話番号をダイヤルします
※必ず市外局番からダイヤルして下さい
例)通話相手が松江市内の方の場合    
0852-××-××××
例)通話相手が東京の方の場合    
03-××××-××××

<国際電話へダイヤルする場合>
010-(国番号)-(通話相手の電話番号)
例)通話相手がアメリカの方の場合
010-1-××××
4.
相手先の電話機を呼び出します。
IP電話への呼び出しの場合は呼び出し音も一般電話と異なります。
NTT回線を利用して発信する場合
(NTT回線を接続される前に)
ご利用いただく電話機で、回線の設定(PB(プッシュ回線用))、DP(パルス回線用))が出来る電話機を接続の場合には、ご契約のNTT回線、またはお客様の環境に合わせた回線種別を設定して下さい。また、自動判別を行う電話機をご利用の場合には、ご契約のNTT回線、またはお客様の環境に合わせた回線種別を手動で設定するか(詳しくは電話機の取扱説明書をご覧下さい)、または一度NTT回線に接続し、通話が出来ることを確認してからケーブルモデムへ接続して下さい。  
一致していない場合には、NTT回線からの発信が出来ませんのでご注意下さい。

1.
モデムの前面ランプ「VoIP」が緑点灯していることを確認して下さい。
2.
受話器を取ります。
 1)発信音が「ブッブッブッ・・・」と聞こえます。
 2)モデムの「VoIP」ランプが緑点滅になります。 
3.
NTT回線への切替番号「9」をダイヤルします。(※)
<IP電話へダイヤルする場合>
相手先電話番号をダイヤルします
例)050-××××-××××

1.発信音が「ツゥーーー」(一般電話と同じ)に変わります。
2.モデムの「VoIP」ランプが橙(オレンジ)点滅に変わります。
※もし切り替わらない場合は、一度受話器を電話機に戻して始めからやり直して下さい。
4.
相手先の電話機を呼び出します。
一般電話と同様にダイヤルして下さい。
   
緊急番号発信について
  「110」(警察(緊急呼))、「118」(海上保安(緊急呼))、及び「119」(消防(緊急呼))に関しては、 NTT回線を接続の場合には切替番号をダイヤルしなくても発信が可能です。  

例)110にかける場合  
受話器をとり、「110」をダイヤルします(ケーブルモデムが自動的にNTT回線に切り替え発信します) 。
   
  ※NTT回線を利用して発信する場合には、モデムの背面にあります「LINE」NTT回線を接続する必要があります。またこの場合、通話料金はご利用の電話会社から請求されます。

3.IP電話サービスランプ表示について
 
サービスランプ表示
モデムの前面ランプ「VoIP」について説明します。ランプ表示(表1)から、IP電話サービスが利用可能かどうか、モデムがどの処理をしているのか、現在IP電話サービスまたはNTT回線のどちらで通話しているかがわかります。
(表1.VoIPランプの表示)
状態
状況
緑色
消灯
IP電話サービスが利用不可 [ 詳細解説 ]
点灯
IP電話サービスが利用可能 [ 詳細解説 ]
点滅
IP電話サービスでの発信処理中、通話中 [ 詳細解説 ]
赤色
点灯
IP電話サービスが利用不可 [ 詳細解説 ]
橙色
点滅
NTT回線での発信処理中、通話中 [ 詳細解説 ]

サービスランプ表示詳細解説

状態
状況
緑色
消灯
IP電話サービスが利用不可

VoIPランプが消灯している場合はIP電話サービスが利用不可能です。

この場合、モデム本体の故障の可能性があります。マーブルまでご連絡ください。

パソコンの電源が切れている場合(ルータ、無線機器などの電源が切れている時も同様) は、PCランプは消灯しています。



状態
状況
緑色
点灯
IP電話サービスが利用可能

VoIPランプが緑色に点灯している時はIP電話サービスが利用可能です。

パソコンの電源が切れている場合(ルータ、無線機器などの電源が切れている時も同様) は、PCランプは消灯しています。


状態
状況
緑色
点滅
IP電話サービスでの発信処理中、通話中

VoIPランプが緑色に点滅している時はIP電話サービスでの発信処理中、通話中です

・受話器を上げるとこの状態となります(トーンは「ブーーー」です)。

・この状態でダイヤルされた場合、IP電話サービスを利用して発信されます。

・IP電話サービスで発信、通話中の表示です。

パソコンの電源が切れている場合(ルータ、無線機器などの電源が切れている時も同様) は、PCランプは消灯しています。


状態
状況
赤色
点灯
IP電話サービスが利用不可

VoIPランプが赤色に点灯している時はIP電話サービスが利用不可能です

センター側で障害が発生している可能性がありますので、マーブルまでお問い合わせください。

パソコンの電源が切れている場合(ルータ、無線機器などの電源が切れている時も同様) は、PCランプは消灯しています。


状態
状況
橙色
点滅
NTT回線での発信処理中、通話中

VoIPランプが橙色に点滅している時はNTT回線での発信処理中、通話中です。

・この状態でダイヤルされた場合、NTT回線を利用して発信されます。(トーンは「ツゥーーー」(一般電話と同じ)です)

・NTT回線で発信、通話中です。

・この状態で着信している場合は電話回線網での着信を表しています。(但し着信中に緑点灯に変わります。受話器を取ると橙点滅になります)

パソコンの電源が切れている場合(ルータ、無線機器などの電源が切れている時も同様) は、PCランプは消灯しています。

ページ先頭へ戻る